スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ばいくについて

みなさんこんにちわ、えむつーです。
GW、どうでしたか。僕は大体寝ていました。
それはさておきとして最近vaultで僕が使っているバイク
もとい赤侵略というデッキについて思う節を
つらつらと書き今一度自分の考えをまとめるいい機会かな
と思いまして久しぶりに自分のブログを立ち上げてみました。
リアルでは赤侵略というデッキには資産上の都合により
ほぼ触れた試しのない僕ではありますが
とうぞ暇つぶし程度にでも閲覧していただければと思います。


赤侵略について
このデッキの変遷はrev3弾、ドキンダムの登場により
一気に日の目を浴びるようになります。
盤面処理を兼ねながら、比較的早い段階での単体主体のオールイン。
単体主体でありながらSAと大型~中型の侵略で大多数を占めるデッキであり
処理をされても1枚の侵略元で侵略により開いたアドバンテージを引き継ぎ
そのまま相手を轢き殺す。
そのスタイル、イラスト、まさにバイク。
(その直後台頭してくるデッドゾーンとの聞き違え防止も兼ねている?)
また、殆どが赤コマンドでまとまっているデッキタイプであるが故
ドキンダムとの相性は言わずもがなであり
それを見越してのオロチ、マリエル、調和、菊池カレイコ等々を
採用したデッキがドキンダムの登場以降よく見られていたように思います。


僕自身このデッキは冬おやつの参戦に伴い、強く見たデッキタイプでありました。
勝率こそよくとれたものの、それを見越したGT入りの構築を
その後ちらほら見かけるようになったところから
自ら触っておくべきデッキだと判断し、1月半ばからよく回していたデッキです。
この当時はクロックGT鉄拳型が一番パワーが生かしやすいと考えていました。
クロックによりカウンター要素を加え
封印を外さない忍やSTクリのケアと盤面処理とロックを兼ね備えたGT
同系ネクストをより強く見た鉄拳といった感じで。
ただ生かしやすいといってもターボ3で的確に引き込む必要があったり
クロックの有無で差がよく出てしまうという点に加え
忍3種とガンリキを搭載したアナデッドが台頭し
それにはやはりGTを2枚要求されることが大抵で
ここでこのデッキを触る理由を一時期失いました。


その後発売されるギュウジンマルまで、ですが。



禁断の轟速レッドゾーンX
仮想段階で強いと確信したカードです。
このカード、デッドゾーンの回答になり得るかもしれないと感じたからです。
疑似的な除去【封印】は
タップされていれば疑似的ではなくこのデッキの速度であれば除去に
なり得ると感じた点もありますが
墓地にあるだけで侵略元一つで上記の動きを行えることに視点を置くと
寝ているデッドゾーンを封印することが出来ます。
これはデッドゾーン側からするならば
デッドゾーン二枚目の要求を余儀なくされることが大半になります。
デッドゾーンというデッキタイプは後手であるならば
五マナまでに抱えられるハンド枚数は多くて4
殴られて6~9、その語2tのドローを含め11枚です。
あくまで最大値ではありますがその中にホールサイコ廃車2枚を要求するカードと
言い換えることができるかと思います。
サイコも絡むとバイク側もトップ進化元を要求されることにはなりますが
これは廃車側も苦しいのではないかなとは思います。
従来であればガロウズでの使いまわしもカウントできたのですから。

また墓地侵略であるが故手札を圧迫しない場合や
レッドゾーンとの合わせ技も強力であり
多色や金額(笑)を加味しても入れる価値のあるカードだとは思います。



これらを踏まえ、適当に作ったデッキが赤t青黒レッドゾーンです。
vault大会でお世話になっていますが
参戦10回に満たない回数で優勝2回ベスト4を1回、2没1回1没0回という
自分でも首がねじ切れそうな戦歴をたたき出しています。
なんだこれ・・・
昨日も優勝させていただきましたので
そのレシピの解説も踏まえながら今回の記事は終わり、
という形をとろうと思います。






デッキ解説


メイン
1 x 禁断~封印されしX~/伝説の禁断 ドキンダムX
2 x 超次元ボルシャック・ホール
3 x 轟速 S
3 x 熱き侵略 レッドゾーンZ
3 x 革命の鉄拳
4 x 一撃奪取 トップギア
4 x 終末の時計 ザ・クロック
4 x 轟速 ザ・レッド
4 x 轟速 ザ・ゼット
4 x 轟速 ザ・マッハ
4 x 禁断の轟速 レッドゾーンX
4 x 轟く侵略 レッドゾーン







超次元
2 x 時空の英雄アンタッチャブル/変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード
1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x レッド・ABYTHEN・カイザー/シャチホコ・GOLDEN・ドラゴン
1 x 不死身のブーストグレンオー/爆裂ダッシュ!グレンセーバー政
1 x 時空の指令 コンボイ・トレーラー/司令官の覚醒者 コンボイ
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン







各カード解説

1 x 禁断~封印されしX~/伝説の禁断 ドキンダムX

盤面を無慈悲にリセットするフィニッシャーです。
オロチで死にます。
圧縮、Xとの兼ね合いの役割も大きいです。
時々吸い込むとかで飛ばないのが役に立ったりしますが
基本は脆いフィニッシャーなので
過信はよくないかなとは思います。
大体は開放しないと死ぬから多少の負け筋は
誤差って考えながら開放してます。僕は



2 x 超次元ボルシャック・ホール

Xというカードを存分に生かすためにも侵略元のSAを
12枚よりも増やす必要があると考え採用。
元々は赤黒や黒のマグナムエンテイを焼く
武者穴の枠であった部分ですが、
減少の一途を辿った点と緑リスの台頭を考え、差し変わった枠です。
調和避けも兼ねている点も弱点補完になっており呪文で5である点以外は
腐りづらいかなとは思います。
やっぱ超次元ってつえー。



3 x 轟速 S
侵略があること前提の初動と言えますが
4コスと合わせ大型2体を置きながら盾を大抵全て剥がしきるのは
強力だなとは思います。
また侵略による除去がフル投入されているため
最初のパンチで出てきたオチャッピイを葬ることができる
という点もトリッパー初動にはない利点と考えています。
1テンポ遅らせ殺しきれるパターンがある代わりに
単体のサイズが低く黒の枠を取らざるを得ない上に
後半の活躍が見込みづらいトリッパーと差分は十分利いているかな
とは感じています。
腐ってもコマンドであるが故ミドルゲームでキャストしても
相手にプレッシャーを与えられる点も優秀です。
ですが、ほかの進化元が優秀すぎるために初動として
安定させたい限界だと個人的に考えるラインの3枚にしています。



3 x 熱き侵略 レッドゾーンZ
レッドゾーンの次にでかい侵略。
手札2枚しか与えない癖に3枚割ってるトンデモ野郎。
STに祈る天とかそこら辺のデッキが今あまりいるとは思えないから3投。
4枚目はXが禁断から落ちてほしい
という気持ちも込めて抜けていったという感じです。



3 x 革命の鉄拳
ギョギョウとモルネクハトバジャストを食い止めるためにとった枠。
ギョギョウが増える前はジエンドオブエックスでしたが
それに加えバイク自体も母数を伸ばしてきたため
有効になり得やすいと考えこちらに。
単に腐りづらいっていうだけでも十分強力ですね。
破壊力に関してはGTドギ入りよりも少し低くはなっていますが
それでも強力には変わりありませんでした。



4 x 一撃奪取 トップギア
先行でだせば相手が死ぬ。終わり。



4 x 終末の時計 ザ・クロック
デスゲ→コントロールに強いかもしれないだけ
デスハンズ→オールインに強いかもしれないだけ
ホーリー両刀→これ以上色増やすのも謎だし
       8でも4でも大して変わらないと感じた
時々初動になる分こっちの方がいいかなーとは思っています。
確実にハンドを増やしたい
同系をより見たいのであればホーリー差し替え可。
ですがホーリーはガイギンガとかボアロパゴスを
許してしまうのがいただけないんですよね。難しい
あと最近はエンディングが殴るプランを取るデッキが
大多数であるが故受け札はとるに越したことはないかなと。



4 x 轟速 ザ・レッド
4 x 轟速 ザ・ゼット
4 x 轟速 ザ・マッハ

大体上からぶつける。
気にすることは
・ゼットは侵略しないと大体死ぬけど2点はえらい。
     わざと爆破させるパターン有
・マッハの過信はよくない。絶対
こんなくらいだと思いますね。



4 x 禁断の轟速 レッドゾーンX
さっき言いたい事言ったんですけど
あえてもうひとつ言うなら
反復横飛びはほとんど使いませんが
稀にやるので忘れないであげてください・・・。



4 x 轟く侵略 レッドゾーン
言わずもがなさん。
Xと絡めると速度の関係上大体相手の場が吹き飛ぶ。
12あるので鉄拳が強くなるのもえらいです。



超次元は使いそうなカードを適当に入れた感じです。
2枚なので多投して強くなる次元というよりは
1回のプレイに器用さを持たせられる次元にはしています。
んなことよりボルホチャケ焼エビで全ランしたいんだよね。それだけです。






≪対面プレイング≫

サソリス
有利対面です。
マメに殴るよりは盾を剥がしきるor溜めて殺しきるプレイを取ります。
どのパターンであれ相手はオチャサンマギョギョウを
主体としたプランを取るはずなので
お茶を使わせてから侵略で処理をしていくとなおよいと思います。
パゴス作られてブサ持たれるまでが負け筋なので
そうならないように頑張りましょう。



イメン
有利対面だとは思いますが、5分に近いのではないかなとは思います。
基本的にリスとはプレイは変わりませんが
エンディングに於いてイメン側はドキンダムを処理する
プランがサンマッドくらいしかないため
少し開放自体は積極的かもしれません。



ネクスト
有利対面です。
プランは刻むが剥がしきるかのどちらかになりやすいです。
相手のプランは
マナロモル覇ギガハートorモルネクジャストのはずなので
それまでに殺すか、マナロを飛ばしながら盾を剥がしきるのが理想となります。
それゆえレッドゾーン、鉄拳を抱えながら
上記のムーヴができるとなおよいかと思います。
ちなみにドギで捲られたらクロック捲って返しましょう。
それしかないです。
むしろそれしか基本負けません。



アナデッド
不利対面です。
ジャスキルか10000以上2体作りながら剥がしきりが望ましいです。
あとオロチとか考えないでさっさとドキンちゃん作ると
思ったより勝てるかもしれません。
持たれてたら仕方ないんだから



フガン
鉄拳とってるから有利(らしい)
大体鉄拳抱えながら盤面捌きつつジャストですね。
盾が残っているなら剥がしきるルートもあるので
そこらへんはケースバイケース。



ヘルボロフ
有利です。
相手のマグナム、レイン、邪魔なブロッカー飛ばしながら
刻んでいくといいでしょう。
ドキン作るのがエンディングとなります。



同系
5分、どこまで行っても先行ブン回りor盾ゲー
盾ゲーに持ち込むためにクロックを採用しています。
先に殴れるのあれば盾お祈りしながら刻んでいきます。
相手に殴られた場合は殴り返しながら盤面構築し、ジャストを狙います。
ドキンダムで鉄拳のケアができることはお忘れなきよう。




≪不採用カード≫
ターボ3
X採用と共に消えていった枠です。
GTやドギを取っているならまだしもとっていない
この構築である以上はさほど必要に感じませんでした。
何より7000という小ささは盤面維持するには
今では少し小さすぎるのも不採用の理由であります。



単騎マグナム
早いタイミングでのキャストを期待されるわりには
抑止力であるが故の最大値の出しにくさが好ましくなかったです。
ミドルゲームであればそれは顕著に出ますし
横に殴りに行くものが前提といのはいささか弱い気がしてならなかったです。



ボルドギ
受けとしての信用が薄いです。
ターボ3があるならまだ採用は考えますが
この構築だとハンドをかなぐり捨てていくためクロックのほうが
活躍がよく見込めます。



黒に寄せてタイムトリッパー
強い黒があるなら一考に値しますが
クロックの項目で書きました2種は局地的で
キザム君は局地どころか範囲も信用できず
多色が重いのが不採用の理由です。
そうなると安定して黒の枚数を確保できず
上からぶつける赤の強みを枠の圧迫により活かしきれない
と判断したからです。
あと後手のトリッパーが信用できないというのもあります。









いかがでしたか。
沢山書いたわりに上からぶつけるデッキでしかないために
結論も何もレシピで完結している、と言わざるを得ないのが
僕としての感想ですが思考の整理としては
まとまりよくできたほうだと思います。
正直書き切れていない部分もいくつかあり
腑に落ちない点も疎らながらあるのですが
今回はここで手を止めようと思います。
拙い文章で見苦しい部分もあったとは
私自らもよく感じてはおりますが
何卒ご容赦お願いいたします。
閲覧ありがとうございました。












とりあえず初動引いて上からぶつけてクロックふませりゃ勝てるぞ!
難しいでっきではあるがな!
スポンサーサイト







COMMENT

Seacret




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。